みずほルートのやり方、改悪対応を解説!移行に必要な日数、上限は?

image 13

(本サイトの記事には、プロモーションを含みます。)

ANAマイルの貯め方を調べていると

「みずほルート」という単語がたくさん出てきます。

みずほルートとは、簡単に言えば

ANAマイルを効率よく貯めるためのポイント交換方法です。

image

通常、Vポイントなどの共通ポイントを

ANAマイルに交換すると、交換比率は1:0.5です。

直接交換せずに、みずほルートを経由すると

交換比率が1:0.7になり、1.4倍多くANAマイルが手元に残ります

さらに、ポイントサイトで貯めたポイントもANAマイルに交換できるので、

マイルの貯まるスピードが桁違いに上がります。

  • みずほルートの開通方法
  • 交換手順
  • 改悪時の対応

について書いていますので、続きは記事をご覧ください。

この記事の概要

  • みずほルートは交換比率が1:0.7、1.4倍多くANAマイルが貯まる
  • みずほ銀行の口座、クレカが3枚必要(みずほANA、JQセゾン、他セゾン1枚)
  • 移行期間は約1ヵ月、移行上限は月10.5万マイル/年126万マイルまで

<メリット>

  • 永久不滅ポイント集約でANAマイルの有効期限を実質無期限にできる
  • WEBで交換が完結するので万人向け

<デメリット>

  • みずほ銀行口座が必要など、準備や交換に少し時間がかかる
  • 常に改悪のリスクはあるので代わりを模索する必要あり

みずほルートのやり方を解説!クレカが3枚必要

みずほルートの全体像はこちらです。

ポイントサイトや共通ポイント同士の交換を何回か行って、

最後にANAマイルになります。

交換回数が多いので複雑に感じるかも知れませんが、分解して見ていきます。

image 27

ANAマイルがどんどん貯められるみずほルートの開通には、クレジットカードが3枚必要です。

この点も少しハードルに感じるかもしれませんが、一気にやろうとせずに、

どんなカードを発行するのか確認し、1つずつクリアしていきましょう。

387518

JQカードセゾン

  • TポイントとJRキューポの交換
  • JRキューポと永久不滅ポイントの交換

に必要なのが「JQカードセゾン」です。

image 28

JRキューポを貯めたり利用するには、

JQカードセゾンに加え「JR九州WEB会員ID」も必要になりますので、

事前、またはカード申し込みのタイミングでID登録を行います。

image 53

JR九州WEB会員IDの登録は、会員登録ページからメールアドレスを登録し、

PWと会員情報を入力するだけで完了です。

image 57
https://train.yoyaku.jrkyushu.co.jp/jr/registMember

カード申し込みキャンペーンは、

たまにポイントサイトに出ますが、最近ではほぼ見かけません。

公式のキャンペーンは九州・山口県在住の方限定、

などの条件で開催されていることがありますので、チェックしてみてください。

image 58
https://www.jrkyushu.co.jp/jq/pc/campaign.html#a03

みずほマイレージクラブANA

みずほ銀行がANAマイレージクラブと提携して発行する

「みずほマイレージクラブANA」が必要です。

image 29

みずほマイレージクラブANAの発行にはみずほ銀行の口座が必要で、

既に他のみずほマイレージクラブカードを持っていても、

Suica搭載カードは支店で切替手続きが必要になります。

image 52
だでぃ
だでぃ

支店で切替手続きをした時、他のブースからも切替手続きの会話が聞こえました
切り替える人が増えているのかも?

「みずほマイレージクラブANA」を持っていると、

永久不滅ポイントをANAマイルに交換する時に優遇レートが適用されます。

交換パターン交換後ANAマイル交換比率
通常の交換永久不滅ポイント200P → 600マイル1:0.6(60%)
みずほマイレージクラブANA永久不滅ポイント100P → 350マイル
(200P=1,000円相当=700マイル)
1:0.7(70%)

みずほマイレージクラブANAで永久不滅ポイントを交換する際、

他のセゾンカード利用で貯まった永久不滅ポイントも合算できます

セゾンポータルか、アットユーネット、どちらかのサイトで「IDおまとめ設定」を行いましょう。

image 60
https://www.saisoncard.co.jp/customer-support/netanswer/omatome/

永久不滅ポイントは有効期限がないので、ポイント集約先としては安心感があります。

ANAマイルに移行すると有効期限3年のカウントダウンが始まりますが、

永久不滅ポイントに置いておくとANAマイルの有効期限を実質無期限にできる効果もあり、

ANAマイラーにとってメリットが大きいです。

image 5 2

「みずほ銀行の口座がない」

「これからみずほルートのために口座開設するのはちょっと・・・」

という場合は、

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックス」の発行がセカンドベストです。

九州や函館にお住まいの場合は、「ANA VISA nimocaカード」発行でもOKです。

この理由は記事後半で説明します。

永久不滅ポイントが貯まるセゾンカード

他のブログで紹介されているケース、されていないケースがありますが、

JQカードセゾン、みずほマイレージクラブANAの他に、

永久不滅ポイントが貯まるセゾンカードがもう1枚必要です。

(みずほマイレージクラブANAは「UCカード」で、セゾンカードではない点にご注意ください)

22162079

JQカードセゾンがあれば、JRキューポを永久不滅ポイントに交換することができますが、

JRキューポを永久不滅ポイントに交換した後、

その永久不滅ポイントを使ってANAマイルに交換するためには、

別途セゾンカードが必要と記載があります。

JQカードセゾンしか持っていなくてもこの表示が出ることを考えると、

カードが3枚必要と考える方がよさそうです。

みずほマイレージクラブANAは永久不滅ポイント対象のセゾンカード一覧に掲載がなく、

UCカードが発行業務をクレディセゾンに委託しているためUCカード扱いになっています。

cats12

そのため、永久不滅ポイントが貯まるセゾンカードを発行する必要がある、というわけです。

お得なセゾンカードは関連記事でも紹介しています。

下記の他にも、セゾンカードはたくさんの種類がありますのでお好みのものを発行して準備しましょう。

あわせて読みたい

みずほルートを経由した移行上限、必要な日数について

みずほルートでANAマイルに交換できるポイントには上限があります。

JRキューポを永久不滅ポイントに交換する際に上限があり、

1ヵ月で15万ポイント(10.5万マイル)までが交換上限になります。

1年間で交換できる最大マイル数は、10.5万マイル×12ヵ月=126万マイルになります。

10.5万マイル以上を交換する場合は2ヵ月、3ヵ月と前もって交換を開始しておく必要があります。

image 1 1

さらに、

  • 1日~10日の間で5万ポイント
  • 11日~20日の間で5万ポイント
  • 21日~月末の間で5万ポイント

の交換枠が設定されており、

毎月の14日23:30~翌15日3:00の間は永久不滅ポイントの定期メンテナンスで交換ができません。

ANAマイルに交換するまでに約1ヵ月かかりますので、

マイルを使う時には余裕をもって交換できるよう、

スケジュールを確認しておきましょう。

image 27
23578625

VポイントからJRキューポに交換(2~4日)

VポイントからJRキューポへの具体的な交換手順を解説します。

まず、メニューから「Tポイントを交換する」に進み「JRキューポ」を選択、

TポイントをJRキューポに交換する申請画面に進みます。

image 30

Yahoo!、JR九州WEB会員のログインを済ませると、

交換するVポイントを入力する画面が出ます。

ポイント数を入力し、画像認証を行うと、申請が完了します。

交換完了まで2~4日かかります。

image 31

GポイントからJRキューポに交換(2~3日)

GポイントからもJRキューポに交換できます。具体的な手順は以下の通りです。

トップページの「ポイント交換」を押します。

image 2 1

画面の真ん中あたりに検索窓がありますので、

「JRキューポ」と入力し、検索結果の画面で、

「Gポイント → JRキューポ」であることを確認し、

「交換する」ボタンを押します。

image 56

次の画面で注意事項や、JR九州WEB会員IDをGポイントに初回登録する際の手順を読み、

「JRキューポ(JQ CARD)へ交換する」ボタンを押して、

Gポイントに再度ログインします(セキュリティ措置)。

image 59

次に画面で、交換するポイント数を入力し、

確認画面で確認した後「確定する」を押すと申請完了です。

image 61

交換手続き申請完了の画面がでて、メールも届きます。

image 62

Gポイントのポイント交換手数料はデメリットですが、

ポイ活ついでに交換手数料を無料にする方法がありますので関連記事をご覧ください。

あわせて読みたい

JRキューポから永久不滅ポイントに交換(1~2日)

JRキューポを永久不滅ポイントに交換する手順を解説します。

JRキューポのトップページからログインします。

image 10

マイページの真ん中にある「提携ポイントに交換」を押します。

cats8

永久不滅ポイントを選択し、スクロールして「ポイント交換申込み」を押します。

image 81

交換するポイントを入力し、登録したメールアドレスに送付される

認証コードを入力したら「交換申込み」を押します。

image 82

これで交換申込みはおしまいです。

image 12

永久不滅ポイントからANAマイルに交換(通常2~3週間、最大3~8週間)

永久不滅ポイントからANAマイルへの交換手順について解説します。

「セゾンポータル」アプリのトップ画面から、「永久不滅ポイント」の箇所をタップし、

次の画面で「使う」の箇所をタップします。

image 63

カードを選択するポップアップが出ますので、

必ず「みずほマイレージクラブANA」を選択します。

image 4 1

交換先を選ぶ画面で、「カード限定アイテム」を押すと、

ANAマイルとJALマイルが出てくるのでANAマイルを選択します。

image 67

ANAマイルを選択すると、説明記載があるので

「100P=350マイル」になっているか確認します。

image 5 1

画面をスクロールし、入力欄に「AMCお客さま番号」、

交換口数(100P=350マイルで「1口」)を入力し「交換」ボタンを押し、

確認画面で確認してから「交換する」ボタンを押すと手続き完了です。

image 68

交換までは最大で3~8週間とありますが、

通常のケースでは月末までの申込み分が翌月の20日頃に反映されていますので、

約3週間ほどかかると見ておけば大丈夫です。

みずほルート改悪時の対応はどうする?

過去には、約2年周期で行われてきたANAマイル交換ルートの改悪。

みずほルート開通している途中で改悪の発表があったらどうしよう、

と不安に思うかもしれません。

転んでもタダでは起きない陸マイラーの執念はこれからも不滅です!

みずほルート改悪時の対応について陸マイラーの英知を結集して乗り越えましょう。

23580765

ニモカルート(九州、函館限定)

みずほルートと同じ交換比率1:0.7のルートに「ニモカルート」があります。

「ANA VISA nimocaカード」を発行し、ポイントサイトからnimocaに集約、

交換機を使ってANAマイルに交換します。

image 73

このルートは交換機でのみ交換が可能で、WEBでの交換はできません

さらにnimoca交換機は、九州や函館の西鉄エリアにしかありませんので、

旅行で行くにしろ、交換までのハードルはやや高いと言わざるを得ません。

交換機がある西鉄地域であれば最有力候補です。

西鉄地域でない場合は、その他の方法を使って交換することになります。

みずほマイレージクラブANAの優遇レートだけ封鎖された場合

「みずほマイレージクラブANA」のカード限定アイテムがなくなった場合には、

ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックス」を発行し、

1:0.625の交換ルートを開通させます。

image 32

個別カード単位の「永久不滅ポイント→ANAマイル」優遇が全てなくなった場合

  • 「みずほマイレージクラブANA」
  • 「ヤマダLABI ANAマイレージクラブカードセゾン・アメックス」

のカード限定アイテム(優遇レートのANAマイル交換)がなくなった場合は、

永久不滅ポイントの交換ルートで1:0.6で交換することになります。

image 33

1つ前の交換行程で、「GポイントやTポイントからのJRキューポ交換」が停止された場合には、

Vポイントを経由して1:0.6で交換することになります。

image 34

ANA VISAカードは、ゴールドでも一般でも

ポイントサイトを経由してきたVポイントの交換比率は1:0.6で同じです。

カード利用で貯まる「ANAマイル移行対象Vポイント」の移行レートに差があり、

200円で1ポイント獲得した後、

ゴールドは1P=2マイル(マイル還元率1%)

一般は1P=1マイル(マイル還元率0.5%)

になります。

一般カードでもANAマイル移行手数料の6,600円(税込み)を支払うと

1P=2マイル(マイル還元率1%)になりますが、

Vポイントルートの開通が目的なら、手数料を払わずに保有でいいと思います。

image 80

交換比率が下がってもポイントサイト経由の陸マイル交換は効率的

たとえ交換比率が1:0.6になったとしても、

ポイント交換ルートを駆使した方がANAマイルは貯めやすいので、

いずれかのルートを開通することをおすすめします。

image 7 1

例えば、先ほどのVポイントからANAマイルへの移行レートを例に考えてみますと、

マイル還元率1.5%の「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」では、

100万円利用すると15,000マイル貯まります。

同じ15,000マイルを貯めるのに、

ポイントサイト等で貯めたポイントをVポイントに集約して1:0.6で交換する場合、

25,000ポイントあればOK(みずほルート0.7%の今なら、21,430ポイントでOK)です。

マイル還元率の高いプラチナカードを持っていなくても、

2~4ヵ月あれば100万円利用で獲得するマイル相当のポイントを

比較的楽に貯めることができます。

image 8 1

明らかにマイルが貯まるスピードが違うのでここまで交換ルート探索が続き、

また、今後も続いていくのではと思います。

みずほルートのやり方、移行手順、改悪時の対応まとめ

交換比率1:0.7でANAマイルがどんどん貯まる「みずほルート」について解説しました。

常に改悪リスクはありますが、突破口はあります。

改悪に対応しながらマイルを貯めて目的を達成しましょう!

まとめ

  • みずほルートは交換比率が1:0.7、1.4倍多くANAマイルが貯まる
  • みずほ銀行の口座、クレカが3枚必要(みずほANA、JQセゾン、他セゾン1枚)
  • 移行期間は1ヵ月、移行上限は月10.5万マイル/年126万マイルまで

<メリット>

  • 永久不滅ポイント集約でANAマイルの有効期限を実質無期限にできる
  • WEBで交換が完結するので万人向け

<デメリット>

  • みずほ銀行口座が必要など、準備や交換に少し時間がかかる
  • 常に改悪のリスクはあるので代わりを模索する必要あり

改悪を見越してGポイントに登録

みずほルート改悪時にきっと役に立つGポイント。

今のうちから開けておきましょう。

スルガ銀行Gポイントクラブを使うと、ポイ活ついでに手数料も無料にできてお得です。

GポイントはKDDIグループのジー・プラン株式会社が運営するポイントサイトで、

2001年運営開始、20年以上続くサイトです。

会員数540万人超、ポイントの獲得はもちろん

各種ポイントへの交換ハブとして人気のサービスになっています。

例:GポイントからJRキューポ、Vポイント、他共通ポイントや現金に交換

無料登録はこちらからどうぞ。紹介経由で登録すると50G(50円)もらえます。

Gポイント

Gポイントに交換できるポイントサイトなど

Gポイントに交換できるポイントサイトや他社ポイントは複数ありますが、

モッピー、ハピタスがネットショッピングにも強く万能です。

VポイントからGポイントへの交換は500Vポイント=400Gと、

交換レートが改悪されてしまいました。

image 35

登録無料!モッピーの登録はこちらからからどうぞ!

累計会員数1,000万人突破!内職/副業/お小遣い稼ぎするならモッピー!

アプリ版は、アプリをインストールした後、紹介コードを入力頂くと特典対象になります。

紹介コード : 2273A1c7

モッピー公式  -ポイント貯まる!ポイ活アプリ

モッピー公式 -ポイント貯まる!ポイ活アプリ

Ceres Inc.無料posted withアプリーチ

この記事がもしお役に立ちましたら、ランキング投票のリンクを押して頂ければ嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。

(おまけ)【陸マイラーコラム】なぜみずほルートが必要?交換ルートの歴史

※ここから先は興味あればご覧ください。

一体なぜこんな交換手順を踏んでANAマイルに移行しているのか、

不思議に思うかもしれません。

ANAマイルへの交換ルートは過去何度も改悪されており、

その度に新しい交換ルートが先人たちの執念によって編み出されてきました。

image 3 3

過去の歴史としてご紹介するものの、

ポイントサイトからの交換ルートが封鎖されただけで、

ANAマイルへの交換自体はできる点にはご注意下さい。

ソラチカルート

「ソラチカルート」は、「ANA To Me CARD PASMO JCB(通称ソラチカカード)」を使い、

ポイントをメトロポイントに集約してANAマイルに移行するというものでした。

image 72

交換比率1:0.9という高交換レートでしたが、

2018年にポイントサイト(「Gポイント」、「.money」、「Pex」等)から

メトロポイントへの交換が停止となり、ルートが閉鎖されました。

このルート唯一の弱点は月間の交換上限が20,000Pまでだった点。

その制約もあり年間の交換上限は21.6万マイルまででした。

22211473

現在もソラチカカードで貯めたJCBのOkidokiポイントは

変わらずメトロポイントに交換ができます。

東京メトロ沿線に住んでいれば地下鉄乗車でもメトロポイントが貯まるので、

ANAマイルを貯めるエントリーカードとして今も健在、優秀なカードだと思います。

LINEポイントルート

ソラチカルート閉鎖後に主流となったのが新ソラチカルートこと「LINEポイントルート」です。

image 78

直接メトロポイントに交換できないなら、

迂回してメトロポイントに交換する。たくましい・・・

このルートの交換比率は1:0.81でしたが、

2019年にLINEポイントの交換先が大きく変更され、

メトロポイントへの交換ができなくなりルートは閉鎖となりました。

月間の交換上限が20,000Pまで、年間の交換上限は21.6万マイルまででソラチカルートと同じでした。

TOKYUポイントルート

LINEポイントルートが閉鎖され、新たなルートとして誕生したのが「TOKYUポイントルート」です。

「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を使い、

TOKYUポイントを1:0.75の比率でANAマイルに交換します。

image 77

TOKYUポイントとANAマイルの交換比率に着目し、

TOKYUポイントに集約するルートでしたが、

2022年3月に「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」が、

ドットマネーからのTOKYUポイント交換対象外のカードになったことで、

ルートは封鎖となりました。

image 5 1

ドットマネーからの月間交換上限は100,000Pまで、

年間の交換上限は90万マイルまでとなっていました。

現在もANA TOKYUカードで貯めたTOKYUポイントは変わらずANAマイルに交換ができ、

東急線の沿線に住んでいる場合は、

東急の定期券購入や東急ハンズなどの関連施設利用などでもTOKYUポイントが貯まるので、

ANAマイルを貯めるカードとして、こちらも今なお健在です。

通常の交換比率は60%(1:0.6)

ANAマイラーが上記の交換ルートを使ってきたのには理由があり、

通常のポイント交換では、交換比率が1:0.5~0.6なので、

上記のルートで交換する方が有利だったのです。

貯めたポイントを多くのANAマイルと交換するために、

今一番有利に交換できる1:0.7のみずほルートが必要というわけです。

image 6 1

過去の各ルートと比べ、みずほルートの交換レート自体は低いものの、

交換上限が月間15万ポイントまで、

年間126万マイルまで交換でき交換上限は過去最多になります。

オンラインで完結し、万人向けの使いやすいルートになっていますので、

開通した方がANAマイルが貯まります。

以上、おまけの陸マイラーコラムでした。

-ANAマイル
-, , , , ,