【最新2.6万円】三井住友ビジネスオーナーズはポイントサイト経由がお得!ゴールドとの2枚持ちも可能

「三井住友ビジネスオーナーズ」は、

プライベートと副業の決済を分けることができ、

経費管理や申告作業の時に役に立つビジネスカードです。

誰でも申し込むことができ、個人事業主の場合は個人の信用で審査されます。

現在申し込みキャンペーンが開催されており、

公式+ポイントサイトで申し込むと最大26,300円分獲得可能です。

もし、ご夫婦で取り組めば合計で最大52,600円分獲得できるチャンスです。

詳しい申し込み手順やこのカードのおススメポイント、デメリット、

発行後の使い道なども書いていますので、記事をご覧ください

通常審査!三井住友ビジネスオーナーズは誰でも申し込み可能

三井住友ビジネスオーナーズは「ビジネスカード」で、

「コーポレートカード」ではありません。

支払いの主体としての信用力はあくまで個人。

通常の審査となんら変わりありません。

サラリーマンでも、公務員でも、誰でも申し込み可能

登記簿や決算書類の提出なども必要ありません

申し込み時点で副業を何もしていなくとも、

今後副業をする予定があればOKです。

ポイントサイト経由の申し込みがお得!サイト比較と申し込み特典

三井住友ビジネスオーナーズは複数のサイトに掲載がありますので比べてみましょう。

ポイントサイト獲得ポイント
ECナビ130,000P(13,000円分)
ポイントインカム150,000P(15,000円相当)
ハピタス13,000P
ポイントタウン13,000P
ちょびリッチ32,000P(16,000円分)

2月は、ちょびリッチ経由での申し込みをおすすめしています。(最大18,300円分

2月新規登録+条件クリアで4,600P(2,300円分)が追加でもらえます。

ちょびリッチ 32,000P(16,000円分獲得)

ちょびリッチ 新規登録+条件クリア 4,600P(2,150円分)

ちょびリッチ

ちょびリッチは、

  • 株式会社ちょびリッチが運営
  • 2002年からサービスを開始
  • 日本インターネットポイント協議会(JIPC)加盟
  • 会員数は400万人

のサイトとなっています。

ポイント交換まで確認済みのサイトなので安心です。

ポイント表示が2P=1円で、使っていくと慣れます。

(例えば、10,000Pの表示でも実際は5,000円相当)

2月は、

紹介リンクからの登録+チュートリアル対象広告の利用で600P(300円相当)

3月末までに10,000P(5,000円分)の広告利用で4,000P(2,000円分)のボーナス

がもらえます。

始めるなら今がいいタイミングです。

無料の登録ページはこちらか下記バナーを押してください↓

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

まだ登録していなければぜひご検討ください。

過去最高は21,000P

ちなみに、ポイントサイトの過去最高は21,000Pです。

この時は公式キャンペーンがなくポイントサイト単体など、

条件が異なる中でのポイントになります。

ビジネスオーナーズゴールドと2枚持ち可能

三井住友ビジネスオーナーズはゴールドカードもあり、

そちらのポイントサイト案件も申し込み可能、

一般とゴールドの2枚持ちが可能となっています。

ご夫婦で、一般、ゴールドそれぞれ取り組むと4倍お得になりますので、

可能であれば取り組んでみてはいかがでしょうか。

ゴールドの方は100万円利用すると翌年以降年会費が永年無料になる特典があるので、

100万円使うかどうかで残すかどうかを判断すればいいと思います。

だでぃ
だでぃ

無理をしてまで並行しなくても、次のチャンスを待てばOK

あわせて読みたい

公式キャンペーンと二重取り可能!

公式では最大13,000Pを還元するキャンペーンを実施中です。

ポイントサイトと二重取りできるので申し込むにはいいタイミングです。

新規入会し、入会月の2か月後までにカードを利用すると、

集計金額の10%分のVポイントが還元されます。(最大8,000P、8万円の利用でクリア)

ただし、以下の場合は対象外となります。

カード切替え、パートナー追加のみによるお申し込みの場合も対象外です。

キャンペーンページの内容をよくご確認ください。

ポイントサイト+公式の二重取り!

①ポイントサイトの特典:最大18,300円分
➁公式の入会・利用特典:最大8,000円分

上記の合計で最大26,300円分となっています。

8万円利用する予定がない場合は、

  • Amazonギフトへのチャージ
  • auPAYチャージ×2か月

などでクリアできます。

また、来年3ヵ月で30万円利用する見込みがあれば、

決済をまとめてキャンペーンをクリアしていきましょう。

ポイントサイトの特典のみの獲得でも十分お得ですので、

決して無理はしないようにして下さい。

ポイントサイト経由の三井住友ビジネスオーナーズ申し込み手順を解説

それではポイントサイトを経由して申し込む手順を解説していきます。

ポイントサイト経由の申し込みの注意点

始める前に注意点があります。

利用するブラウザは

AndroidであればChrome

iPhoneであればSafari

になりますが、

設定ができていないとポイントがもらえませんので、

ブラウザの設定を確認するようにしてください。

ブラウザの設定方法は下記の手順に沿って確認します。

都度サイトを経由、途中で他サイトに行かない

面倒ではありますが、同じサイトを複数回利用する場合でも、

毎回ポイントサイトを経由してください。

また、広告先のサイトに飛んでから利用完了までの間は、

他のサイトには移動しないようにしてください。

家族で申し込む時の注意点

ユーザー情報の重複、IP情報の重複はポイント却下条件に該当します。

家族で申し込むことも可能ですが、その場合は、

自分が申し込む時はWifi回線から、

家族が申し込む時は「家族のポイントサイトID」で

かつそれぞれのスマホ回線から申し込むなど、

IPなどの情報が重複しないように気を付けてください。

ポイントサイトの案件ページで条件等を確認して申し込み

ポイントサイトの検索窓から検索し、案件のページで獲得条件を確認してください。

「他の三井住友カードを保有している場合でも、

三井住友カード ビジネスオーナーズが初めての場合対象」になります。

VisaとMasterを同時に発行した場合はVisaのみが対象

無料で発行できるパートナーカードの同時申し込みが必要です。

注意事項を確認し、「サイトに行く」を押します。

三井住友カードのページに飛ぶので、

スクロールしてページ下段に出てくる

「三井住友カード ビジネスオーナーズに申し込む」をクリックします。

申し込みに必要なものはこちらです。

引き落とし金融機関の設定が完了しなかった場合には書面での手続きが必要になります。

申し込みはこうやる!パートナーカードや個人事業に関する入力の留意点

勤務先は現職のものでOK

サラリーマン、公務員、自営業、それぞれ今の職業について入力します。

会社員の属性で申し込みましたが、ちゃんと発行できましたのでご安心ください。

副業欄は「自営業・自由業」を選択

副業は今後の予定も含めて、自営業・自由業を選択すればOKです。

「個人事業主欄」はチェック不要

この欄は、「事業所得」で確定申告しているモノホンの個人事業主がチェックする欄です。

「給与所得」で年末調整していたり、確定申告と言っても所得税還付が中心、

といったサラリーマン、公務員の場合は該当しませんのでチェック不要です。

国際ブランドを選択

VISAとMASTERを同時発行する場合は「Visa」のみポイントの対象になります。

ここではVISAを選択します。

取引を行う目的は両方選択してOK

デフォルトで両方にチェックがついているので、そのまま進めて大丈夫です。

パートナーカード申し込み必須

パートナーカードを一緒に申し込む必要があるので、

必ず「申し込む」を選択してください。

無料で発行できます。

パートナーカード利用者の情報を入力

パートナーカードを使うのは、配偶者や家族になると思いますので名前などを入力します。

住所や電話番号、メールアドレスはないので、

入力しただけで個別に連絡がいくことはありません。

「関係」を選ぶ欄がありますが、デフォルトの「従業員」のままでOKです。

個人事業で家族が従業員というのは一般的なので不自然な要素はありません。

申し込み事項の入力が終わったら、審査結果、カード発行を待ちましょう。

家族で申し込む場合は、ここまでの流れを家族にやってもらえばOKです。

三井住友から電話がかかってきた場合は、

個人事業主かどうか、事業の屋号があるか、など聞かれることがあるかもしれません。

その時は、開業の届出はまだしていない規模、業態はIT/インターネット関係、屋号なし、

などと回答すれば十分だと思います。

三井住友ビジネスオーナーズのおすすめポイント

三井住友ビジネスオーナーズをご紹介する理由として、

おすすめのポイントとなる項目を説明していきます。

カード基本情報

三井住友ビジネスオーナーズの基本情報はこちらです。

年会費は本会員、パートナーカードともに無料で、パートナーカードは19枚まで発行できます。

還元率は通常0.5%で、200円で1ポイントのVポイントがもらえます。税込みなのはGOOD。

利用上限枠は最高500万円ですが、最初は200~300万円くらいまでが多いようです。

少人数で使う分には増枠などが必要になる機会はそうないでしょう。

デザインはNLと同じですが「BUSINESS OWNERS」の文字が刻印されていて

「ちょっと違う感」があり持つ楽しみもあります。

「マイ・ペイすリボ」の手数料発生で還元率+0.5%、合計1%にすることも可能

リボ払いで少額の手数料を発生させ、

0.5%の追加ポイント分で黒字化する戦略ですが、

管理がきちんとできない場合、

あっという間に元本と同じ規模の利息がつき、それこそ破産の入り口になります。

本サイトではリボ設定はおすすめしません。

もしも気になる方は、他のブログなどでやり方をご覧ください。

対象カード2枚持ちで特約店の利用分が1.5%ポイント還元対象に

ビジネスでの利用シーンが多い購買や移動での支払いで嬉しい特典です。

対象の三井住友カードとの二枚持ちで、

Amazon、ANA、JAL、ETCの支払いが1.5%還元の対象になります。

対象カードはこちらです。

年会費無料のNLや、話題のOliveも対象なのは良心的ですね。

新設法人やスタートアップの場合でも還元を受けやすいので利用したいところです。

年会費無料の三井住友カードNLはお得に申し込むことができますので、関連記事をご覧下さい。

あわせて読みたい

ETCカードは年会費無料、割引も

ETCカードはカード1枚につき1枚、無料で発行できます。(最大19枚)

1年間利用がなかった場合は550円(税込み)がかかります。

対象カードの2枚持ちでETC利用時の還元率も1.5%になるので、

車での移動が多いケースでETCカードの還元率が高いのはありがたいと思います。

また法人カードに紐づいたETCを利用するメリットとして、料金の割引もあります。

● 平日の朝夕に適用:「平日朝夕割引」

NEXCO東日本より引用:https://www.driveplaza.com/etc/dis/etc_dis_weekday/

ETCマイレージサービスへの事前登録が必要ですので、詳細はこちらからご確認ください。

旅行傷害保険(利用付帯)

カードに付帯する旅行保険は、ビジネスカードとして特徴的なものはないように思います。

三井住友ビジネスオーナーズは海外のみ、旅行保険が付帯(利用付帯)します。

ビジネスオーナーズ(一般)※海外のみビジネスオーナーズゴールド
傷害死亡・後遺障害最大2,000万円最大2,000万円
傷害治療費用50万円100万円
疾病治療費用50万円100万円
救援者費用等100万円150万円
賠償責任2,000万円2,500万円
携行品損害(免責3,000円)15万円20万円

選べる付帯保険

旅行保険はあまり使わない、というケースに応じて、

三井住友ビジネスオーナーズは3つの付帯保険プランから好きなものを選ぶことができます。

保障が必要なカテゴリーを選び、必要な手当てを行うことができますが、

プランを切り替えた場合は、旅行保険は適用されなくなります。

SBI証券のクレカ投信積立の還元対象(0.5%)

おまけ程度かもしれませんが、

三井住友カードはビジネスカードもSBI証券の投信積立クレカ決済の還元対象にしてくれています。

三井住友ビジネスオーナーズは、

三井住友カードNLと同様に、0.5%の還元を受けることができます。

デメリットは?

三井住友ビジネスオーナーズのデメリットについて、見ていきたいと思います。

Vポイントの有効期限が2年

プラチナなどの上位カードは有効期限が4年ですが、ビジネスオーナーズは2年になります。

2年だと比較的すぐに期限が到来すると思いますので、ポイントの失効にご注意いただき、

こまめに商品や他のポイントなどに交換する必要があります。

コンビニ利用時の5%還元は対象外

三井住友ビジネスオーナーズは、

個人向けカードの特典「コンビニ等での最大5%還元」の対象外になります。

ただ、この特典は三井住友カード(NL)との2枚持ちで解消することが可能です。

限度額

事業規模によるのですが、一般カードでも最大500万円使えます。

もし少ないと感じる方は、

より上位のビジネスカード、コーポレートカードも検討されるといいと思います。

還元対象外の支払いがある

Vポイント付与対象外となる支払い先があるので、確認が必要です。

国民年金保険料や交通系などの電子マネーのチャージなど、

意外なものは少ない印象ですが、対象外なのは惜しいです。

セゾンプラチナ・ビジネスなど国民年金保険料や税金の支払いもポイント対象となるカードもあります。

for Owners、三井住友カード、三井住友カード(NL)との違い

特徴が似ているカードが複数あるので、一覧にしてみました。

ビジネスオーナーズfor Owners(クラシック)三井住友カード三井住友カード(NL)
年会費(税込み)無料1,375円
※初年度無料、まいペイすリボ利用で翌年度無料
※WEB明細利用で550円割引
1,375円
※ネット申し込みで初年度無料
※WEB明細利用で550円割引
無料
パートナー/家族カード年会費無料
(最大19枚)
440円
(最大19枚)
1枚目は初年度無料
通常440円
無料
利用枠~500万円~150万円~100万円~100万円
Vポイント還元率0.5%0.5%0.5%0.5%
コンビニ等利用時の5%還元
学生ポイント
家族ポイント
Vポイントアッププログラム
2枚持ちで1.5%還元
選んだ店で+0.5%
SBI証券クレカ積立0.5%
Vポイントプリペイドチャージ+利用で0.5%
旅行保険最高2,000万円最高2,000万円最高2,000万円最高2,000万円
選べる保険
お買い物安心保険

ビジネスオーナーズは、

年会費無料で維持できる還元率1.5%のビジネスカード(2枚持ち適用で)

パートナーカードを無用で最大19枚発行

審査により限度額を500万円まで増額可能

あたりが他のカードと比べた強みです。

副業レベルで決済を分ける用途としては、

  • 「for Owners」よりも年会費を抑えられる
  • 事業が成長した時でも利用枠が大きく安心

な点がメリットと思います。

コンビ二での高還元など、個人向けの特典は三井住友カード(NL)との2枚持ちで補完することが可能で、

ビジネスオーナーズ自体の還元率もUPします。

ポイントサイト経由の三井住友ビジネスオーナーズ申し込み方法まとめ

三井住友ビジネスオーナーズは、

ポイントサイト経由の申し込みで最大26,300円分獲得でき、

大変お得になっています。

個人カード(NL)はもちろん、ビジネスオーナーズゴールドとの2枚持ちも可能で、

カード特典の補完やご夫婦発行でのキャンペーンポイント二重取り、四重どりも可能

副業とプライベートの支払いを分けられるので

経費の管理や申告時の作業負担を減らすことができます。

副業の決済用に是非お得に発行してみてください。

まとめ

  • ちょびリッチ経由の申し込みで、最大26,300円分獲得
    ①ポイントサイト 最大32,000P(16,000円分)
    ➁ポイントサイト新規会員登録 条件クリアで4,600P(2,300円分)
    ➂公式キャンペーン 最大8,000P還元(8万円利用)

・年会費無料で維持できる還元率1.5%のビジネスカード

この記事を参考にすれば簡単に申し込みできますので、

まずはポイントサイトに登録してお得にカードを発行してみてください。

ちょびリッチでは2月、

紹介リンクからの登録+チュートリアル対象広告の利用で600P(300円相当)

3月末までに10,000P(5,000円分)の広告利用で4,000P(2,000円分)のボーナス

がもらえます。

始めるなら今がいいタイミングです。

無料の登録ページはこちらか下記バナーを押してください↓

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

この記事がもしお役に立ちましたら、ランキング投票のリンクを押して頂ければ嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。

-ポイ活
-, , ,