【1.7~3.2万円】auPAYカード入会キャンペーン!ポイントサイト経由で二重取り!

請求書の支払いにも対応し、ますます便利になったauPAY。

auPAYカードと組み合わせると「au経済圏」でお得になります。

一番お得に申し込む方法は、公式のキャンペーンとポイントサイト特典の二重取りです。

5月は

auPAYカードは最大17,000円分獲得

auPAYゴールドカードは最大32,150円分獲得

できるので、本サイトでご紹介する方法をお試しください。とても簡単です。

ポイントサイトの比較、詳しい申し込み手順はもちろん、

このカードのおすすめポイントやデメリット、au経済圏の銀行・証券との組み合わせなど、

お得に使う方法も紹介していますので、記事をご覧ください。

この記事の概要

お得な申し込み方法

  • auPAYカード(最大17,000円分
  • auPAYゴールドカード(最大32,150円分
  1. ポイントサイト経由で申し込み
  2. 公式キャンペーン 最大20,000P

・au携帯ユーザーはauサービスにまとめて「auPAYゴールドカード」で支払った方がお得

auPAYカード申し込みで獲得できるポイントサイト、公式キャンペーンの還元

ポイントサイトを経由して申し込むと、公式のキャンペーンと二重取りできお得です。

ただし、公式キャンペーンはau、UQ mobile、povo1.0、povo2.0の利用者が対象なので、

利用していない場合は対象外で二重取りはできません。

また、auPAYカードからゴールドカードへのランクアップ・ランクダウン申し込みも対象外になります。

5月は、

  • auPAYカードはモッピー経由
  • auPAYゴールドカードはちょびリッチ経由

での申し込みをおすすめします。

登録していない場合は、この後ご紹介するリンクから新規登録し条件を満たすと追加でポイントがもらえます。

auPAYカード掲載サイト獲得ポイント
ニフティポイントクラブ1,500~1,800P(@nifty接続サービス利用者限定)
ポイントインカム18,000P(1,800円分)
ちょびリッチ3,000P(1,500円分)
モッピー5,000P
ECナビ10,000P(1,000円分)
ハピタス1,400P
auPAYゴールドカード掲載サイト獲得ポイント
モッピー10,000P
ハピタス10,000P
ちょびリッチ20,000P(10,000円分)
ポイントインカム100,000P(10,000円分)

auPAYカードはモッピー

「モッピー」は

  • サイト運営歴が長い
  • 事例数が多く蓄積されている

ため、安心して使えるサイトです。

紹介キャンペーンを利用すれば、2,000P追加でもらえます。

新規入会

入会の翌々月末までに5,000P以上獲得

登録無料!モッピーの登録はこちらからからどうぞ!

他の人よりたくさんポイントをもらう方法を知ってますか? ゴールド会員なら!最大15%増量

アプリ版は、アプリをインストールした後、

紹介コードを入力頂くと特典対象になります。

紹介コード : 2273A1c7

モッピー公式  -ポイント貯まる!ポイ活アプリ

モッピー公式 -ポイント貯まる!ポイ活アプリ

Ceres Inc.無料posted withアプリーチ

auPAYゴールドカードはちょびリッチ

ちょびリッチは、

  • 株式会社ちょびリッチが運営
  • 2002年からサービスを開始
  • 日本インターネットポイント協議会(JIPC)加盟
  • 会員数は400万人

のサイトとなっています。

ポイント交換まで確認済みのサイトなので安心です。

ポイント表示が2P=1円ですが、使っていくと慣れます。

(例えば、10,000Pの表示でも実際は5,000円相当)

5月は、

紹介リンクからの登録+チュートリアル対象広告の利用で300P(150円相当)

6月末までに10,000P(5,000円分)の広告利用で4,000P(2,000円分)のボーナス

がもらえます。

始めるなら今がいいタイミングです。

無料の登録ページはこちらか下記バナーを押してください↓

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

ポイントサイトとは?怪しくないの?

「ポイントサイト」について簡単にご説明します。ご存知の場合は読み飛ばしてください。

ポイントサイトは、簡単に言うと企業の広告を集めたサイトです。

広告を出したい企業

企業のサービスをお得に利用してポイントも貯めたい消費者(ユーザー)

を使いポイント還元でつなげるプラットフォーム(仕組み)を作っています。

広告主の企業は、ポイントサイトに広告費を支払い、

ポイントサイトはその広告費の一部を消費者に還元することで広告主のサービス利用を促そう、としています。

企業の広告費がもとになっているので、変なことをしてポイントがもらうのではなく、まったく怪しくありません。

ただ、世の中には、サイト自体が簡単に作れることをいいことに、

登録したユーザーが広告を利用しても

還元しない

ポイントがもらえない

ポイントを交換できない

などのサイトもあるようで、

こうした詐欺まがいのサイトの存在が

「ポイントサイト=怪しい、やめとけ」といった評判になっていると考えられます。

本サイトでご紹介しているサイトは、

運営会社の規模

信用(上場企業、または上場企業の子会社)

プライバシーマーク取得

JPIC(日本インターネットポイント協議会)に参加している企業か

などの点で見て安心できるものや、

実際に利用してポイント獲得~交換までできているサイトになります。

出来て間もない(1年未満の)サイトはいくらポイントが高くても利用せず、

しばらく運営実績が蓄積するまで様子を見る、方がいいと思います。

auPAYカードのポイントサイト過去最高は?

過去最高は8,000Pということがありました。

また出るかは分かりませんが、公式キャンペーンの切り替え、年末年始などに期間限定で出ていることがあります。

個人的には、4,000P以上であれば高い方だと思います。

公式キャンペーンと二重取り可能

公式のキャンペーンを確認していきましょう。

au、UQ mobile、povo1.0、povo2.0を利用している人が対象です。

auPAYカードの新規入会後、

  1. auPAYへのチャージ
  2. ショッピング利用
  3. ETCカードの発行・利用、または対象事業者の公共料金支払い

最大20,000PPontaが獲得できます。

ゴールドカードと対比しながらご説明します。

公式キャンペーンauPAYカードauPAYゴールドカード
au PAY 残高チャージで5%還元上限4,000P
(80,000円分のチャージで獲得)
上限9,000P
(180,000円分のチャージで獲得)
ショッピング利用で5%還元
(上記他、電子マネーチャージはショッピング利用対象外※)
上限4,000P
(80,000円分のカード利用で獲得)
上限9,000P
(180,000円分のカード利用で獲得)
ETCカードの新規発行・利用
または対象事業者の公共料金支払い
(入会月を含む6ヶ月目の末日の利用分までが対象)
2,000P2,000P
合計10,000P20,000P

最大ポイントを獲得する利用金額ハードルは正直少し高めです。

チャージとショッピングの集計期間は、入会月を含む3ヶ月目の末日利用分までが対象です。

auPAYチャージ分:
請求書支払い、地方税の支払い、auPAYマーケットなどで消化 

ショッピング利用分:
日常の決済集中、auカブコム証券の積立設定など

でのクリアがおすすめです。

また、案の定ですが適用条件、除外条件、対象の公共料金事業者などが複雑です。

申し込みのページに記載がありますので、よくご確認ください。

主な適用条件としては、特典判定時点で下記の条件をすべて満たしている必要があります

  1. キャンペーンメールの受信設定
  2. 利用代金の支払口座登録が完了
  3. 特典判定時点で年会費支払いが完了(ゴールドカードの場合)

ポイントサイト経由のauPAYカード申し込み手順

始める前に注意点があります。

  • ブラウザ設定
  • ポイントサイト以外を経由しない

ブラウザ設定

利用するブラウザは

AndroidであればChrome

iPhoneであればSafari

になりますが、

設定ができていないとポイントがもらえませんので、ブラウザの設定を確認するようにしてください。

ブラウザの設定方法は下記の手順に沿って確認します。

都度サイトを経由、途中で他サイトに行かない

面倒ではありますが、同じサイトを複数回利用する場合でも、毎回ポイントサイトを経由してください。

また、広告先のサイトに飛んでから利用完了までの間は、他のサイトには移動しないようにしてください。

申込前に「auID」のアカウントを作る(au以外でもOK)

まずauIDのアカウントを登録します。au契約者じゃなくてもOKです。

au契約の有無などによって4つのパターンから登録方法が選択できますので、

こちらから登録手順を確認して進めてください。

ポイントサイトで申し込み

auIDに登録したら、ポイントサイトの検索窓から「auPAYカード」「auPAYゴールドカード」を検索していきます。

獲得条件、注意事項を確認し、「ポイントを貯める」を押します。

申し込みページに飛びますので、「カンタン申し込み」を押し、必要事項を入力、申し込みます。

記入欄が少し多く、通常のクレカ申し込みに必要な各種本人確認書類の提出が必要です。

また、引き落とし口座は「auじぶん銀行」があると

金利優遇されるので、なおいいです。詳細は記事後半で説明しています。

auPAYカードはau経済圏の利用でお得

auPAYカードは年会費無料で、還元率1%(100円=1Ponta)のカードです。

カードの基本情報をゴールドと比べながら見ていきましょう。

auPAYカードauPAYゴールドカード
年会費本会員:実質無料
KDDI通信契約なし、かつ年間利用なしで1,375円
家族会員:実質無料
(本会員に年会費が発生した場合、440円)
本会員:11,000円
家族会員:1枚目無料、2枚目以降2,200円
auPAYチャージ還元率還元なし
(auPAY利用で0.5%還元)
1%
(auPAY利用で0.5%、合計1.5%還元
auPAYマーケットの還元率
(auPAYマーケット限定Ponta含む)
最大7%最大9%
au携帯支払い1%還元11%還元
(端末分割代金、かんたん決済など対象外あり)
auでんき、都市ガス for au 利用時の還元1%3%
スマホ得するボーナス還元最大5%最大5%
ショッピング保険最高年間100万円(免責3,000円)最高年間300万円(免責3,000円)
カード紛失・盗難保険連絡から60日までさかのぼり補償
連絡から60日までさかのぼり補償
ETCカード年会費1,100円
(利用で1,100Pontaポイント還元)
無料

auPAYゴールドカードのau携帯支払いの還元率は、10%へ改悪されました(2024年2月~)。

auPAYカードは本会員、家族会員の年会費が実質無料です。

ETCカードは新規発行に1,100円かかりますが、

利用すると1,100Pontaが返ってくるので実質無料です。

キャンペーン対象者の場合はETCカード発行で入会特典の2,000Pontaがもらえます。

au回線以外でもOK

auPAYカードはau契約者以外でも申し込みできます

ただし年会費が発生したり、入会特典の還元対象にならなかったりと、

au系列の回線の方がお得になるカードです。

公共料金でも1%還元

auPAYカードは電気・ガス・水道、NHKやJAFなどの公共料金の支払いでもポイント還元率が変わりません

ご自身の契約事業者が対象かどうか、こちらからご確認いただけます。

ポイントアップ店で2%還元

ポイントがアップする特約店をよく使う場合は、還元率が上がってお得になります。

セブン&アイ系の店舗がポイントアップ終了になりました(2023年3月末)。

ポイントアップ店一覧はこちらから確認できます。

auPAYカード × auPAYふるさと納税で二重取り

ポイントサイトの「auPAYふるさと納税」を経由し、

auPAYカードで支払うことでPonta が二重取りできます。

さらに、毎月3、13、23日の「三太郎の日」にエントリーしたうえで

ふるさと納税利用、決済すると+2%分Pontaが還元されます。

ポイントサイトのauPAYふるさと納税は、1%~タイミングによっては9%くらいまで還元率が変動。

獲得したポイントをPontaに交換すれば、二重取り。一石二鳥です。(画像はモッピーです。)

ちなみに、Pontaのすごいところは、「交換所」で期間限定Pontaに交換すると最大1.5倍に増量でき、

増量したPontaを「auPAYふるさと納税」でも使うことができます。

ポイントサイトではPonta増量キャンペーンを行っていることがあるので、

そのタイミングでPontaを増やしておき、

交換所でさらに最大1.5倍に増量してふるさと納税に使うと、

現金でふるさと納税するよりも少ない負担でお礼の品をもらうことができます!

普通にふるさと納税するより+αでお得です。

増量・交換を駆使して増税・値上げを乗り切りましょう。

auカブコム証券でクレカ積立すると最大10万円まで1%還元

auカブコム証券でauPAYカードを使ってクレカ積立すると、

投信買い付け額の1%を還元してくれます。

最大10万円の1%、毎月1,000Pont。年間12,000Pontaの還元になります。

マネ活プラン等を組み合わせると最初の12ヵ月、13ヵ月以降にボーナスが付きます。

還元対象のカードは「auPAYカード」のみになっています。

証券口座活用でもPontaがもらえますので、

5,000円でも10,000円でも余力の範囲で始めることをおすすめします。

クレカ積立に関する証券口座開設は関連記事で解説しいます。

あわせて読みたい

auじぶん銀行で引き落とすと金利優遇

auPAYカードの代金引き落とし口座をauじぶん銀行に指定すると、auじぶん銀行の金利が優遇されます。

ただ口座にお金を置いておくだけでもらえる金利ですので、高いに越したことはありません。

ちなみに主要な銀行の普通預金金利は、0.001%です。

au携帯の「マネ活プラン」に申し込んでいて、

auPAYカードがゴールド保有の場合は、さらに最大+0.1%上乗せされます。

auPAYカードの引き落とし指定による優遇金利は0.05%分ですが、

QR決済の「auPAY」チャージ・出金口座として連携すると0.05%優遇されますので、

auカブコム証券の口座がなくても0.1%は優遇金利が付きます。

auじぶん銀行は、ランク制度で「プレミアム」を達成すると、

他行振込が最大15回無料

ATM入出金15回無料

になります。

何もしなくても、「Ponta → auPAY → auじぶん銀行」のルートで

Pontaの現金化が可能なので、使ってみることをおすすめします。

ポイ活にも大活躍するので、ランク制度が改悪される前に口座開設しておきましょう。

お得過ぎた分改悪も出てきています。

【改悪情報 -超新星、堕つ- 】
auじぶん銀行の外貨自動積立の上限が5万円に半減(最大750Ponta)

しかも円に払い戻したら、払い戻した月とその翌月は還元対象外に改悪

例:5月分を払い戻したら、5月・6月分は対象外。”即売ったら還元しない”特典へと豹変

上記以外で獲得できるPontaは最大180Pとなり、結構な改悪になりました。

3か月に一度忘れずに設定~解除までできれば750Pで年間3,000Pは獲得できます。

毎月の180Pontaと合わせて、年に4回は930Pontaになります。

お得はどんどん塞がれていくので、参戦はお早めに。

auPAYカードのデメリット

au経済圏でメリットたくさんのauPAYカードですが、デメリットもあります。

auPAYへのチャージで還元されない(改悪)

これまで1%還元されてきたauPAYチャージの還元が、なんと0に改悪されています。

ただ、auPAY利用による0.5%還元は残ります

ゴールドカードもチャージと利用で2.5%還元だったのが、1.5%還元に改悪されました。

だでぃ
だでぃ

auPAYカードなのにauPAYチャージで何もないなんてひどい

改悪も出ているauPAYですが、

auPAYチャージ1.5%+利用0.5%で合計2.0%の還元を受けられるカードもあります。

詳細は、別記事をご覧ください。

あわせて読みたい

こんな人はauPAYゴールドカードの方がメリット大

auPAYチャージの還元率は改悪もありましたが、au経済圏でのお得は変わりません

au携帯のプランがマネ活プランで、電気やガスもauにまとめている(まとめる予定)の人は、

ゴールドカードを持つメリットがあります。

auPAYカードに申し込んだ後にゴールドカードへランクアップが可能ですので、

中身を知っておいても損になりません

auマネ活プランで利用料金から1年間最大20%還元!

auマネ活プランに加入し、利用料金をauPAYゴールドカードで支払うと、

1年間限定ですが利用料金(税抜き)の最大20%分Pontaポイントが還元されます。家族カードでも対象です。

2年目以降は最大10%になります。(2024年2月以降、現行の11%から10%に引き下げ)

端末分割代金や他の割引、かんたん決済などは利用料金の範囲に含まれません。

(端末代金は「スマホ得するボーナス」の最大5%還元があります。)

利用料金の範囲

  • au料金プラン利用料、通話料、通信料、オプション料、ユニバーサルサービス料、電話リレーサービス料より、各種割引サービスを適用した後の合計額が対象
  • auかんたん決済料金、端末機器代金、法人プラン、各種手数料、消費税などは対象外

Pontaポイントの還元だけで年会費をペイするには、

上記範囲のau携帯利用料金が

初年度:毎月4,600円以上

2年目以降:毎月9,200円以上

であれば、毎月920Ponta、年間11,040Pontaになり年会費をペイできます。

本会員、家族会員それぞれ毎月5,000円以上の場合、毎月1,000Ponta、年間12,000Pontaの還元になるので、

2年目以降も何もせずに年会費を余裕でペイできてしまいます。

家族カードは1枚無料なので発行した方がお得ですね。

auカブコム証券のクレカ積立が最大3%還元に(12か月間)

auマネ活プランに加入すると、

条件を満たせばクレカ積み立てで最大3%の還元を受けることができます。(12ヵ月間)

  • auマネ活プラン加入
  • ゴールドカードでクレカ積立決済
  • NISA口座開設

の条件を満たす必要があります。

2年目以降は最大2%の還元になりますが、資産形成ついでにポイ活できるのでアリです。

(通常1% + プラン特典0.5% + ゴールド&NISA特典0.5%)

auPAYカードの場合は最大1%の還元率ですが、

10万円の枠すべてに対して1%の還元となるため、年会費無料カードでの積立としては一番いい状況です。

利用料金の3%還元!でんき、都市ガスもauにできる人

ゴールドカード限定で、でんき・都市ガスの利用料金の最大3%、Pontaの還元があります。

光熱費は毎月高額の支払いになるので還元されるのはありがたいですね。

手厚い保険(自動付帯あり)を重視する人

ゴールドカードにすると各種保険も手厚くなります。

家族特約が付いており、家族カード会員以外の同居の家族も補償範囲内の点は安心感があります。

航空会社系以外のカードで航空機遅延損害も補償してくれる点は珍しく、ポイント高いと思います。

auPAYゴールドカードauPAYカード
傷害死亡・後遺障害【本会員/家族会員】
 自動付帯最大5,000万円
 利用付帯最大5,000万円
【家族】
 最大1,000万円
【本会員/家族会員】
 利用付帯最大2,000万円
【家族】
 ー
傷害治療費用【本会員/家族会員】300万円
【家族】 50万円
【本会員/家族会員】200万円
【家族】 ー
疾病治療費用【本会員/家族会員】300万円
【家族】 50万円
【本会員/家族会員】200万円
【家族】 ー
救援者費用等【本会員/家族会員】500万円
【家族】 50万円
【本会員/家族会員】200万円
【家族】 ー)
個人賠償責任【本会員/家族会員】5,000万円
【家族】 1,000万円
【本会員/家族会員】2,000万円
【家族】 ー
携行品損害(免責3,000円)【本会員/家族会員】最高50万円/盗難時30万円
【家族】 15万円
【本会員/家族会員】20万円
【家族】 ー
航空機遅延損害・乗継遅延費用:2万円
・出航遅延、欠航、搭乗不能費用:2万円
・寄託手荷物遅延費用:3万円(家族は2万円)

その他にも特典を受け取りたい人

ゴールドカードなので、他にも特典があります。

空港ラウンジサービスが利用でき、家族カード会員も無料利用の対象です。

空港にもよりますが、片道1,200~1,500円程度かかりますので、往復で約3,000円得できる計算です。

旅行のプラン提案もしてもらえるコンシェルジュサービスが魅力のRelux。

初回利用時のキャッシュバック、二回目以降の割引優待が受けられます。

こうして見るとau携帯、でんき、都市ガス利用など、au経済圏にできる場合は、

家族カードを発行してPonta還元とゴールド特典を受ける方がメリットが大きい、と言えそうです。

Pontaがどのくらい貯まるかモデルを仮定して考えてみました。

家族構成対象au料金(税抜き)auでんき※/ガス料金(税抜き)獲得ポイント
本会員(使い放題MAX 5G/4G)5,980円(家族割プラス、auPAYカード割引適用後)15,000円/8,000円550+450+240=1,240P
家族会員(スマホミニプラン 5G/4G)5,280円0円550P
合計11,260円23,000円1,750P
※燃料調整費用、再エネ賦課金除く

Pontaポイントを毎月1,750P、年間21,000P獲得しています。年会費をカバーしておつりが来ますね。

au銀行じぶん銀行、auカブコム証券、auひかり回線(auスマートバリューの割引あり)

も組み合わせていけば、さらにインパクト大です。

au携帯ユーザーは、でんきと都市ガス、ゴールドカード+家族カードを発行し、

他のサービスも含めてとことんau経済圏に浸かった方がお得と言えそうです。

UQモバイル、povo回線の場合はゴールドカード特典に制限あり

UQモバイル、povoの場合でもauPAYカード入会特典を受け取ることができます。

利用料金の安いpovoでも、Pontaの還元は1%で同じです。

その他利用不可サービスの制限もありません。

ただし、povoの場合ゴールドカードのポイント還元の特典が制限され、対象外となります。

ゴールドカードの年会費ペイを狙うなら、povoからau回線に変更した方が

還元によるメリットが大きくなるケースもあり得えます。

auでんきの改悪リスク

電気代の高騰で還元規模がauが当初想定した以上になっていると思われ、

でんき、都市ガスの3%還元は改悪リスクがある気がします。

au回線、でんき、都市ガス、ひかり回線がauならゴールドじゃないと損

家族含めたau回線だけで9,000円以上払っていて、

ひかり回線や、さらにはでんき、都市ガスもauにできるなら、

思い切ってauにまとめてゴールドカードで支払った方が得です。

年会費実質無料でゴールドカードが持てて、

ついでにゴールドカードの年会費分くらいのPontaポイントがもらえるようになります。

初年度お得に試すだけでも十分お得かもしれません。

還元ポイントがトータルでいくらになるのか、申し込みページのシミュレーションで確認してみてください。

マネ活プラン申し込み時のシミュレーションもあります。

auPAYカードのお得な申し込み方法まとめ

auPAYカードは会員数が800万人を超え、au契約者を中心に人気があるカードです。

お得にauPAYカードに申し込みたい人はもちろん、

実質無料で持てるならゴールドカードの方がいいかなと考えている方は、

キャンペーンも手厚いauPAYゴールドカードを申し込む、

という選択肢もあります。

継続するかはPontaの貯まり具合で決めればいいので、ぜひ試してみてください!

まとめ

お得な申し込み方法

  • auPAYカード(最大16,200円分
  • auPAYゴールドカード(最大38,000円分
  1. ポイントサイト経由で申し込み
  2. 公式キャンペーン 最大20,000P

・au携帯ユーザーはauサービスにまとめて「auPAYゴールドカード」で支払った方がお得

まずはポイントサイトでauPAYカードを申し込みましょう。

auPAYカードはモッピー以外は損

登録無料!モッピーの登録はこちらからからどうぞ!

他の人よりたくさんポイントをもらう方法を知ってますか? ゴールド会員なら!最大15%増量

アプリ版は、アプリをインストールした後、

紹介コードを入力頂くと特典対象になります。

紹介コード : 2273A1c7

モッピー公式  -ポイント貯まる!ポイ活アプリ

モッピー公式 -ポイント貯まる!ポイ活アプリ

Ceres Inc.無料posted withアプリーチ

auPAYゴールドカードはちょびリッチ以外は損

ちょびリッチでは5月、

紹介リンクからの登録+チュートリアル対象広告の利用で300P(150円相当)

6月末までに10,000P(5,000円分)の広告利用で4,000P(2,000円分)のボーナス

がもらえます。

始めるなら今がいいタイミングです。

無料の登録ページはこちらか下記バナーを押してください↓

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

この記事がもしお役に立ちましたら、ランキング投票のリンクを押して頂ければ嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

最後までお読みいただきありがとうございました。

-ポイ活
-, , , , ,