協議会の活動内容 - 東海道貨物支線貨客併用化整備検討協議会

トップ>協議会の概要>協議会の活動内容

協議会の活動内容

これまでの経緯

平成10年7月 東海道貨物支線貨客併用化推進協議会 設立

平成11年8月 運輸政策審議会の答申路線位置付けについて運輸省等へ要望

平成12年1月 運輸政策審議会答申第18号に「今後整備について検討すべき路線」として位置付け

平成12年6月 東海道貨物支線貨客併用化推進協議会を
東海道貨物支線貨客併用化整備検討協議会へ改組

平成28年4月 交通政策審議会答申(「東京圏における今後の都市鉄道のあり方について」)に位置付け

~現在     東海道貨物支線貨客併用化の実現に向けて、整備方策等の
検討を継続

このページの先頭へもどる

主な活動内容

  • 協議会の開催
  • 担当者会議の開催
  • 沿線開発動向の調査など貨客併用化に関する調査・検討
  • ホームページやパンフレットによる情報発信
  • 臨海部に立地する企業等を対象とした貨客併用化に関する意見把握
  • 調査列車の運行(平成25年1月30日実施)
  • 現地調査

このページの先頭へもどる